住宅購入の為の資金を変動金利で借りる

住宅購入のための費用とは、さすがに莫大な金額になります。
中古物件で余程、辺鄙なところでもない限りは一千万円は下らない物です。
或いは新築であれば、少なくとも二千万円はかかります。
これが一つのボーダーラインになっています。

都心に作ろうと田舎で作ろうと資材と機材、人件費はかかります。

住宅を新しく作り、売るのであれば二千万円が下限であるとされています。これが住宅業界の常識ですから、一つ、覚えておくことをお勧めできます。


住宅購入ですが、多くの人がお金を借りています。

自力で買おうとする人もいますが、元々、資産家であったか、余程の高給取りでもない限りは大金過ぎて一括、キャッシュの用意が出来る人の方が少ないです。

普通は、住宅購入は住宅ローンで資金を用意します。
その時に、変動金利を選ぶことが基本的にはお勧め出来ます。

これはその時の相場に合わせて、金利が変動する借り方です。
変動金利と固定金利がありますが、今は金利が安いです。

その場合、固定金利のほうがよいと考える人が多いですが、実は固定金利は変動金利よりもやや高めに設定されることになります。
極端に高い金利でない限りは、変動金利にしたほうがよいです。

それが賢明であるといえますから、まずは変動金利こそ、住宅ローンの時に検討するべきことである可能性があります。あくまで可能性ではありますが、十分に検討する価値はあります。そうすれば、住宅はしっかりと買えるようになります。

















関連リンク

住宅購入の際にローンを組むのは変動金利が

住宅を買うのは色々と大変です。住宅購入は一生の大事といえますから、かなり慎重になるべきです。...

more

住宅購入時に利用する固定金利ローンとは

現在住宅購入を行う際に、多くの人が住宅ローンを利用することになります。その際重要なのが金利ですが、その際変動金利か固定金利かで悩む人は多いです。...

more