住宅購入は固定金利それとも変動金利

住宅購入でローンを組む際に固定金利か変動金利かを選ぶことになります。

固定金利はその名の通り支払いが完了するまで金利が変動しません。


、返済プランを立てやすいことに大きなメリットがあります。

毎月決まった額を払っていくのは住宅以外でも馴染みのあるローンの形態なので、安心感を持つことができます。
また、後述する変動金利と異なり金利が上がる心配が無いです。デメリットとしては金利がやや高めに設定されていることです。
変動金利は期間ごとに金利が見直されます。


当初の金利が安く設定されるのがメリットで、また金利の見直しであまり上がらなかった場合は安く済みます。


しかしながら、やはり高く見直されることもあるので返済計画を立てにくいのがデメリットです。
このようにどちらにも長所と短所があるため決めるのは難しく、住宅購入の際に両方のミックス住宅ローンを選ばれる方もいます。
ミックスの場合は最初だけ固定金利で途中から変動金利に変わります。


返済が軌道に乗るまでを固定で払って、それ以降は世の中の金利の影響を受けるという形式です。


これは良いとこ取りにも見えますが、固定金利が終了後に金利が上がった場合は結局変動金利と同じデメリットを受けることになります。

実際のところ、住宅購入における金利選択に正解は存在しません。
しかし、1つ言えるのは返済計画を立てて問題の無い方を選ぶのが良いということです。

固定金利ならばその金利でシミュレーションします。

変動金利なら少し金利が上がる前提でシミュレーションします。

その上で自分に合った金利をお選びになることをおすすめします。

















関連リンク

住宅購入時に利用する固定金利ローンとは

現在住宅購入を行う際に、多くの人が住宅ローンを利用することになります。その際重要なのが金利ですが、その際変動金利か固定金利かで悩む人は多いです。...

more

住宅購入の固定金利の安全性

住宅購入の際に決める金利の種類を固定金利とすれば、安定性を持たせて返済を行えます。10年や20年固定を選ぶ事で、その間の経済状況などで公定歩合が上がる形として金利のアップが変動金利で行われる事となり、それに伴い固定の金利もアップしていく計算となります。...

more