住宅購入の際にローンを組むのは変動金利が

住宅を買うのは色々と大変です。


住宅購入は一生の大事といえますから、かなり慎重になるべきです。
まず第一にお金です。


どの程度の金額が自前で用意できるかによって、かなりハードルが違ってきます。

要するに頭金ですが、これを少しでも多くできるように苦心するのが当たり前です。しかし、それでも最終的にはお金を借りることになります。それが住宅ローンであり、この時に金利についてよく検討します。
まず、相場はどうなのかを判断します。

その上で変動金利にするのか、固定金利にするのか、と言うのを決めます。


これは一概にどちらがよいのかを言えることではないです。

その時の相場によって変わることになります。

但し、全体としていえるのが固定金利はその時の変動金利よりも高目に設定されています。

それは将来のリスクを取らない、と言うことがあるからです。
変動金利は下がることもありますが、上がることもあります。
その為、リスクが意外と高くありますが、固定金利ならば10年程度はそのままです。


ずっとそのままというわけではないですが、住宅ローンの場合、固定金利で借りるとすれば、見直しは3回あるかどうかです。

変動金利の場合は、何年かに一度の見直しになりますから、意外とリスクがあります。

しかし、それでも住宅購入資金を借りるときには変動金利のほうがお勧めできます。
これは住宅購入の際には、少しでも金利を低くしたいと考えるのが当たり前だからです。固定金利よりも安いのが基本です。

















関連リンク

マンション投資セミナーの参加を行い情報収集の秘訣

実際にマンションに投資をしている方も、これから投資を考えている方も、世の中の動向について知る事が大切と言えるでしょう。需要が多ければ、利用者が多く現れ易くなりまして、投資し易くなります。...

more

マンションの投資セミナーが何故人気なのか

不動産投資セミナーに参加した人々の多くは、国内外のマンションを購入するという傾向があることがわかっています。投資セミナーの講師は、日本やその周辺諸国に投資する機会が眠っていることを教えてくれるといっています。...

more