変動金利での住宅購入

変動金利での住宅購入は、銀行のローンも毎月見直す事で金利の設定を行っています。


そこを考えて固定金利に切り替える人や、初めから固定金利で申し込みを行い10年固定や20年固定と言った期限で借り入れを行う人も多い様です。

住宅購入に際して変動金利を利用すると、何時経済状況からローン金利が上がる危険性もあり、現在では1%ほどの金利も4%となれば、そこで4倍もの金利を支払う計算となります。
住宅の購入費用は数千万円であり、それだけ大きなお金をローンにより返済を行えば、まずは利息だけでも数百万円もの支払をする計算隣、変動金利が成功すれば安い金利で終える事となりますが、経済状況と共に金利がアップする事となれば、住宅購入の費用とプラスして利息も増える計算となります。

長期間のローンでは、色々なリスクを考えて取り引きを行う事となり、まずは住宅購入などで負担が増えない様にリスクヘッジを行う意味でも固定金利を選定していくと言った方法も考えられます。


しかし短い期間での住宅費用をローンで活用すれば、変動金利も魅力的な条件であり、そこで金利を浮かせる事なども十分に考えられる所となります。現在では銀行もどちらが有利な判断が付かない事もあり、住宅購入の際にミックスローンと言って固定と変動の両方を半分ずつローンを組むと言った方法でリスクヘッジでの金利の支払を行う商品もあります。
変動金利でのメリットとデメリットを考えて住宅ローンを組む事となります。

















関連リンク

住宅購入の時には変動金利が

住宅購入の時に固定金利をお勧めされる可能性は非常に高いです。これは低金利時代が十年単位で続いているからであり、その方が何かとメリットがあるからです。...

more

住宅購入による住宅ローンの変動金利

住宅購入による住宅ローンの変動金利では、固定金利とは違い毎月経済状況によって金利を銀行が決める事となります。固定金利にする人としては、この様な経済状況など気にする事も無く、色々と対応する事が出来る様です。...

more