住宅購入の時には変動金利が

住宅購入の時に固定金利をお勧めされる可能性は非常に高いです。

これは低金利時代が十年単位で続いているからであり、その方が何かとメリットがあるからです。



それは確実ではありますが、変動金利にもよいところはあります。



それに固定金利といっても住宅ローンを借りている間、ずっとというわけではないです。



5年、10年と言う話であり、実はその都度、見直しがされます。



固定ではありますが、ずっとではないので注意が必要です。



逆を言いますと変動金利でもほぼ固定の状態になることもあります。

つまりは、金利が特に上下しなかった場合です。



実際に住宅購入において、固定金利と変動金利のどちらがよいのか、と言うのは考え方次第です。



大凡、変動金利よりは固定金利が現状ではお勧めされることが多いです。
しかし、さらに下がる可能性も考慮するべきです。

固定金利の場合は、上がることのリスクを避けています。

また、その為、変動制よりもやや高目になっています。



住宅購入では少しの金利でも下げたほうが良いですから、その点を踏まえて考えますと変動金利のほうがよい可能性があります。しかし、最終的には自己判断です。
金融機関が責任を取ってくれるわけではないので、決断は自己責任になります。
上がるか下がるかの見込み、予想をして、固定にするか変動にするかを決めるのは自分自身になります。
意見を聞くことはできますが、金融機関も最後は選択肢を提示するだけになります。


関連リンク

住宅購入にかかる不動産以外の費用

家族や将来の老後のため、住宅の購入が考えられます。人生設計の目標の一つとして、住宅購入は大きな目印にできます。...

more

住宅購入費用の計算についてのこと

住宅購入の費用は自前で用意できるのがベストです。それが最上の方法であるといえますが、普通は無理です。...

more