住宅購入費用の計算についてのこと

住宅購入の費用は自前で用意できるのがベストです。


それが最上の方法であるといえますが、普通は無理です。

何千万円という単位になりますから、さすがにそんなに簡単できるわけではないです。

そこで借りる方法があるわけですが、これが住宅ローンと言う金融サービスです。


当たり前ですが、貸す側もかなりリスクがあります。

少なくとも10年以上のローンになります。長い人では35年ローンの場合もあります。それほどの長い期間の資金の融通となりますと相手もリスクが高くなります。

但し、金融機関側はかなり早い段階で元金は回収できるようになっています。金利、利息と言うのはそれほどまでに恐ろしいことであると理解しておいたほうが良いです。
それでも住宅購入費用を用立ててもらえるのは、個人としては有難いと考える人が多いです。


しかし、分限を超えて借りることは身を滅ぼす羽目になりますから、まずは計算をしっかりとするべきです。


その指標となる考え方があります。


一つは職業が安定しているかどうかです。

つまりは、安定した収入が見込めるのかどうかです。
更に頭金はいくらあるのか、その上で金利の相場がどうなのかも考えます。

住宅購入は一生の大事ですから、可能な限り、自前の資金を用意するべきです。それが頭金ですが、この費用を惜しむ人も多いです。

借りられるならばそれでよいと考える人がいますが、ある場合とない場合の返済計画を計算してみることです。
確実にあったほうがよいです。

















関連リンク

住宅購入の固定金利の安全性

住宅購入の際に決める金利の種類を固定金利とすれば、安定性を持たせて返済を行えます。10年や20年固定を選ぶ事で、その間の経済状況などで公定歩合が上がる形として金利のアップが変動金利で行われる事となり、それに伴い固定の金利もアップしていく計算となります。...

more

低金利時代の住宅購入は固定金利のローンが基本線

住宅購入を考えているなら、固定金利と変動金利の違いは覚えておきましょう。固定金利というのは、将来に渡って金利が変動しないローンのことを指しています。...

more