低金利時代の住宅購入は固定金利のローンが基本線

住宅購入を考えているなら、固定金利と変動金利の違いは覚えておきましょう。

固定金利というのは、将来に渡って金利が変動しないローンのことを指しています。
常に返済額が一定なので、住宅購入を考える上では最も基礎となる返済方法になります。


低金利時代なら、固定金利のほうが変動金利よりもお得になるケースが多いです。


ただ、将来のことは誰にも予測が不可能なので確実なことは言えませんが、一般的に超低金利と言われている時代にはオススメができる方法です。


住宅購入をする際は、業者は変動金利を勧めてくる傾向があります。
なぜなら、固定金利にされると将来的に損が出てしまうこともあるからです。

変動金利なら、売り手側が損をすることがありませんから、業者は変動金利を推奨しています。


見た目の支払額が変動金利のほうが安いケースも多いので、ついつい利用者も推奨されるがままに変動金利を選びがちです。
ただ、本当に得になるかどうかは将来の金利次第なので、確実に金利が上がらないと言う自信があるなら断って固定金利タイプを選択するのがいいでしょう。


マイナス金利の時代なら、かなり得をすることができる場合もあります。
控除などを含めるとプラスになるケースも十分に考えられます。

こうした問題が分からないなら、ファイナンシャルプランナーを雇って相談に乗ってもらうといいでしょう。


業者に相談をしたところで、利用者に得になることはあまり提示してもらえません。

















関連リンク

マンションの投資セミナーが何故人気なのか

不動産投資セミナーに参加した人々の多くは、国内外のマンションを購入するという傾向があることがわかっています。投資セミナーの講師は、日本やその周辺諸国に投資する機会が眠っていることを教えてくれるといっています。...

more

住宅購入は固定金利それとも変動金利

住宅購入でローンを組む際に固定金利か変動金利かを選ぶことになります。固定金利はその名の通り支払いが完了するまで金利が変動しません。...

more