住宅購入のローンは固定金利にしておくとよい

住宅購入のためにローンを組むことは珍しくないです。


むしろ、ローンで買わない人のほうが少ないです。

その時に考えるべきことはいくつもありますが、一つは金利の形態です。


お金を借りるわけですから、利息を支払うことになります。その利息が決まるのが金利になります。固定金利と変動金利がありますから、どちらにするのかをよく検討する必要があります。


但し、個人的にこちらがよい、と指定できない場合もあります。

あくまでお金を貸してくれるのは金融機関であるわけですから、そちらに決定権があります。

住宅購入の時に金利の相場がどうなっているのかをよく見ると良いです。


選べる立場にあるのであれば、よくよく先のことを見通して、どちらにするのかを決めます。具体的には、下がりそうであれば変動金利、上がりそうであれば、固定金利にします。但し、どの道、固定金利のほうがその時の変動金利よりは高く設定されていることは多いです。


その為、目先のことを考えて変動金利にする人もいますが、先々のことをよく見通してどちらが得なのかをよく見極める必要があります。
住宅購入は一生の大事であるといえますから、軽々に決めるようなことはしないことです。

何度も何度も計画を立てて、相談もした上で決めます。


ですが、一応の手段としてもし金利が極端に下がる時代が来たら、借り換える手もあります。それができるのは一度も返済を滞らせていないことが条件になりますから、注意です。

















関連リンク

住宅購入の固定金利の安全性

住宅購入の際に決める金利の種類を固定金利とすれば、安定性を持たせて返済を行えます。10年や20年固定を選ぶ事で、その間の経済状況などで公定歩合が上がる形として金利のアップが変動金利で行われる事となり、それに伴い固定の金利もアップしていく計算となります。...

more

住宅購入時に利用する固定金利ローンとは

現在住宅購入を行う際に、多くの人が住宅ローンを利用することになります。その際重要なのが金利ですが、その際変動金利か固定金利かで悩む人は多いです。...

more